本文へスキップ

静岡市清水区の臨済宗妙心寺派

TEL.054-366-2410

PC版 ホームページ

静岡市清水区の臨済宗妙心寺派 高源寺

本尊 十一面観世音菩薩(江戸中期作)
開創 1200年代(13世紀)
開山 仏満禅師(大喜法忻禅師)
開基 高橋維之(従五位下左エ門尉高橋孫太郎維之)

ようこそ高源寺のホームページへ こちらはスマートフォン等に対応するページです。より詳細な情報をお求めの方は、PCサイトをご覧ください。

高源寺のご紹介

静岡で最後を迎えた梶原景時一族の供養碑
この高源寺には、古くから梶原一族の供養碑と伝えられる石碑(市文化財)があります。鎌倉時代を築いた源頼朝のブレーンとして活躍し、源義経との因縁もあることで有名な梶原景時とその一族はここ静岡 清水で最後を迎えました。
梶原景時 梶原一族の供養碑については歴史の項目をご覧ください。

高源寺の本堂 静岡市 指定文化財
高源寺の本堂はもともと久能寺というお寺の建物でした。久能寺は推古天皇の時代より続いた由緒ある密教系の寺院で、戦国時代以前は現在の久能山東照宮の位置ありました。武田信玄によって移されてのち、明治の廃仏毀釈の影響で廃寺となり、この建物は高源寺に移築されました。旧久能寺の現存する唯一の建物として、静岡市文化財に指定されています。
旧久能寺の寺院建築(高源寺本堂)についてはPCサイト内の境内の項目をご覧ください。

永代供養墓・坐禅会・写経会
高源寺の永代供養塔「大慈大悲塔」は <後継者がいない>、<永代供養を希望する>、<将来お墓を守る身内がいない>、<事情により墓地を建てない>、<納骨できない(しない)まま自宅などにお骨をお持っている>、<遠方に親族の無縁になるお墓がある>などの事情があるかたが檀家でなくても納骨できる施設です。 このような事情がある方、詳しくはお電話やメールでご相談ください。詳しくは永代供養の項目をご覧ください。

  坐禅会「不尽燈坐禅会」
  毎月第1、第2の日曜日
  早朝6時半より 約1時間
  (6月7月8月9月は6時から開始)
 詳しくは行事の項目をご覧ください。

 写経会
  毎月8日
  午前9時半より約1時間半
 詳しくは行事の項目をご覧ください。

 お寺でのお葬式
 高源寺檀家、永代供養の方、新しく墓地を求めて檀家になる方などがお寺を会場としてお通夜やお葬式で執り行うことができます。
・家族のみ〜中規模のお葬儀でしたら十分対応可能
 ※よほど大規模の場合や状況により葬祭ホールを使う方がよい場合もあります
・お通夜も祭壇不要の本堂、祭壇がある檀信徒会館を使用できる
・依頼する葬儀社や互助会がどこでもお寺での通夜や葬儀ができる
特に負担を抑えたい場合には、いざそのときが来る前にお寺にご相談いただくのが確実な方法です。
※お盆中、行事、法事などがあるときは、本堂、檀信徒会館を使えないこともあります。また、ご遺体を直接病院などからお寺にお連れすることはできません。

店舗写真

information店舗情報

高源寺

〒424-0041
静岡市清水区高橋2丁目7-4
TEL.054-366-2410
電話する